自由

イラッとした時の怒りの衝動を静める4つの方法!慢性的な怒りには要注意!

更新日:


人が持つ喜怒哀楽のうち、最も感情を表に出しにくいのが「怒」ではないでしょうか?

なりふり構わず怒りをぶちまけようものなら、「あの人ヤベェ人かも?」などと思われて人間関係を損なう可能性さえあります。

ゆえに普段は無意識に抑圧されていることが多いです。

その我慢がストレスとなり、体に悪影響を及ぼすことになります。

怒りを感じると体はどうなる?

怒りを感じると、脳内では自律神経の司令塔である視床下部に刺激が入り、交感神経が高まります。

脈拍が速くなり、血管が収縮し、血圧が上がり筋肉が痙攣が起こします。

体が興奮状態になるわけです。

これらのは急性の怒りによる症状で、一時的にカッとなったとしても、時間が経てばすぐに治るのでそれほど問題ではありません。

慢性的な怒りは要注意!

f:id:otokusetsuyaku:20171217215039j:plain

しかし、数ヶ月から年単位で慢性的に怒りが持続すると厄介です。

常に交感神経が過緊張の状態です。

車で言えばスピードを出しっぱなしの状態なので、エネルギーも使うし、当然消耗もします。

循環器系に過剰な負担がかかり、心筋梗塞や脳梗塞などを引き起こすこともあります。

急性の怒りも蓄積すると慢性になることがあるので注意しましょう!

「怒りっぽい人は早死にしやすい」なんて昔からよく言われていますが、あながち間違いではありません。

イラッとしたときの衝動を静める4つの方法

f:id:otokusetsuyaku:20171217215115j:plain

衝動コントロールを身に着けて、イライラしたときに怒りにとらわれて、余計な行動をしないためのテクニックを紹介します。

6秒ルール

反射的なことは抑えるために、怒りを感じたら、ともかく6秒数えます。

心の中で「1、2、3、4、5、6」とゆっくり数えるうちに落ち着きを取り戻し、売り言葉に買い言葉を防止することができます。

コーピングマントラ

心の中で自分に向かってマントラ(呪文)を唱えることで、衝動を抑制する方法です。

「大丈夫」「ドンマイ」「どうってことない」など、内容は何でもいいです。

自分の気持ちがそれで落ち着くなら、恋人やペットの名前でもOK!

タイムアウト

怒りがエスカレートしてどうしようもなくなったら、一度その場を離れるという手もあります。

気持ちをクールダウンをさせてから、再び相手と対面すると、冷静に話をすることができます。

無言で立ち去るのでは怒ってるのがバレバレなので、必ず一言断りを入れましょう。

グラウンディング

イライラしたときは、その原因を考えたり、繰り返し思い出して怒りを再燃させないようにしましょう。

スマホでネット検索したり、身近なものをずっと観察するなど、別のことに意識を集中させることで、怒りは自然に小さくなります。

いつまでも通い続けたくなるダイエットジム【core position】

まとめ

ズルズル怒らないことが病気を防ぐコツです。

怒りを感じたら、すぐに別の感情に置き換えたり、場所を移動する。

嫌な人の目の前からいなくなるなど、気持ちを切り替えることが大切です。

体を動かしてストレスを発散させるのもいいですね。

ココロの元気応援サプリ「ジルジレットセロトニン」

独自の配合レシピが、セロトニンの分泌に働き、心穏やかな毎日を応援します。
国際抗老化再生医療学会やwebカウンセリング協議会などの認証、推薦も受けている安心、安全なサプリメントです。

お知らせ

話題の仮想通貨、こちらから購入できますよ!

チャンスを逃さないように、無料登録だけはしておきましょう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お得情報満載のブログも運営していますので、コチラもよろしくお願いします!

お得節約・稼げる-とくろぐ-

あなたのご支援がサトリを救う!

感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

おまけ

グローバル化や、年功序列型が崩れて価値観が多様化し、お互いの価値観を認められない。

そして格差が開き、他人を叩くことで溜飲を下げるという風潮が強くなっています。

インターネットの普及も手伝って、叩くネタはいつでも満載、毎日SNS上のどこかで炎上騒ぎが起こっています。

ですが、他人を叩いてスカッとしたつもりでも、後味の悪さは必ず残ります。

多くの人は怒りたくて怒っているのではないハズです・・よね?

オーガニックアロマでぐっすり【Suyattoアロマ】

スポンサーリンク




スポンサーリンク






-自由

Copyright© フリーダムフリー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。