自由

へこんだ時の気持ちを切り替える方法!対処法と立ち直り方!

更新日:


あなたにとって、1番好きなことはなんですか?

何をしているときがいちばん楽しいですか?

へこんだときは、心が沈み込んで、

悪いほうへ悪いほうへと考えていませんか?

そして、ますます苦しくなっていませんか?

私もよくそんな状態になります。

実は今もそんな感じなんです。

仕事へのモチベーションが下がっているというか。

なんにも、やる気が起きない的な感じです。

そんな時は、1番好きなことをしてみよう

そんなときは、自分にとって1番好きなこと、

好きだったことを考えてみましょう。

人間の思考は、一度に一つのことしか考えられません。

どんなにへこんだときでも、

1番好きなことを考え始めると、

へこんだことを考えることができないのです。

思考の転換を図るためには、

へこんだ理由や漠然とした恐れ、

悩みから離れるために、

あなたにとって、

『1番好きなこと、楽しいこと』を考えることです。 

当たり前ですが、苦しいことや辛いことを考えるより、

好きなことや楽しいことを考えるほうが、

ずっと気持ちが楽になります。

男性向け月額ファッションレンタル leeap [リープ]

人生は辛く厳しいもの?

f:id:otokusetsuyaku:20170911215556j:plain

人生は辛く苦しいものだと考えている人がいます。

その考え方はいつから始まったのでしょうか?

誰から教わってきたのでしょうか?

大人になって厳しい社会に揉まれて、

自然に芽生えたモノではないでしょうか。

子どものころは何も考えずに、

毎日過ごしていたのではないでしょうか。

あなたは子どものころ、何をして遊んでいましたか?

何をしているときがいちばんワクワクしていましたか?

楽しいこと、好きなことを考えるだけでも、

脳から『ドーパミン』という物質が分泌され、やる気が出てきます。

ドーパミンは中枢神経系で働く神経伝達物質です。

脳の前頭葉の中で、

快感などを生む「報酬系」と呼ばれる仕組みなどと深く関わり、

何かをする意欲や、学習などと密接に関わっているといわれています。

報酬系(ほうしゅうけい、reward system)とは、ヒト・動物のにおいて、欲求が満たされたとき、あるいは満たされることが分かったときに活性化し、その個体にの感覚を与える神経系のことである。

報酬系 - Wikipedia

報酬系のドーパミンを分泌させるためには、

例えば、カラオケで好きな歌を歌うことも一つの方法ですね。

大事なことは『自分の好きな歌を歌う』という点です。

その歌への感情も相まって、ドーパミンが放出されます。

美味しいものを食べることも効果的です。

美味しいものや自分の好物を食べると、

同じく脳内にドーパミンが分泌されます。

嬉しい、楽しいは最高のご褒美

f:id:otokusetsuyaku:20170911213842j:plain

要は、自分にとって『嬉しい』行動をすると良いということです。

『嬉しい』『楽しい』は脳がいちばん喜ぶご褒美です。

何か『自分にご褒美を与える』ことをすれば、

脳内でのドーパミンの分泌が増えるのです。

 

あなたの好きなことはなんでしょうか?

カラオケやグルメの他にも、

例えば犬と遊ぶこと、ショッピングすること、

本を読むこと、旅をすることなど、

人によってさまざまな『好きなこと』があるでしょう。

とりあえず、『1番好きなこと』を、

できることからやってみましょう。

宅配ピザのネット注文ならdデリバリー!人気ピザ店のこだわりの味をお届けします。

まとめ

あなたは、今どうなりたいと思っていますか?

どうしたいと思っていますか?

どんな人にとっても、人生は楽しむためにあるのです。

へこんで苦しむためにあるのではありません。

好きなこと、楽しいことを考えてみましょう。

DMM.com証券

私も、最近ハマっているプリンを食べることにします。笑

お知らせ

話題の仮想通貨、こちらから購入できますよ!

チャンスを逃さないように、無料登録だけはしておきましょう!

bitFlyer ビットコインを始めるなら安心・安全な取引所で

お得情報満載のブログも運営していますので、コチラもよろしくお願いします!

お得節約・稼げる-とくろぐ-

あなたのご支援がサトリを救う!

感謝の意はブログで発表します!

サトリの欲しいものリストbyAmazon

スポンサーリンク




スポンサーリンク






-自由

Copyright© フリーダムフリー , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.